TOP > コミュニティ > オーナーズレポート vol.26

庭を抱いて「くの字」に建つ、縁側のある平屋風の家。 秦野市/桐山さん庭を抱いて「くの字」に建つ、縁側のある平屋風の家。 秦野市/桐山さん

モデルハウス「桧の香」が気に入って三度も見学

ご実家の広い敷地の一角に自宅を新築された桐山さん。新進建設との出会いはモデルハウス「桧の香」を見学されたことでした。
「最初に『桧の香』を訪れて、その後、他社のいろいろなモデルハウスも見たのですが、『桧の香』の印象が良くて三度も通いました。妻がつくっていたスクラップ帳の中にも『桧の香』の写真があり、夫婦共に強く惹かれたのです」と桐山さんは振り返ります。
  ご自宅は清々しい景色の中に、庭を抱いて「くの字」に建つ和風住宅。平屋がお好きな桐山さんのご希望を生かして、一部を2階建てにした平屋風の佇まいになりました。実は桐山さんは学生のころからいろいろな家の間取りを見るのがお好きで、住まいづくりに人一倍、強い思い入れがありました。
「L字型の間取りも提案してもらったのですが、『くの字』の間取りの方が気に入りました。庭とのつながりや住空間を広く感じられましたから」

玄関とリビングを区切る千本格子は、空間に圧迫感を感じさせません。

天然木の温もりあふれる住空間
引き戸や建具にもこだわって和モダンに

 良質の無垢材をふんだんに使い、壁を珪藻土で仕上げたお住まいは、ここかしこに桐山さんのこだわりが息づいています。玄関の框と式台は、モデルハウス「桧の香」と同じ黒御影石。外壁の丸窓から入る西日が玄関の三和土(たたき)に美しい光の陰影を描き出します。1階の天井には桧の羽目板を貼り、伸びやかに広がるLDKへと連続していく形に。杉板貼りの床と相まって天然木の温もりに満ちた住空間になりました。
 リビングに入って振り返ると、大黒柱と千本格子、和風建具が美しい調和を見せています。建具は全て引き戸に。これも空間を広く見せる工夫のひとつです。
「和モダンな雰囲気にしたかったこともあって、引き戸を採用しました。ドアだと洋風に見えますし、開閉時にスペースも取るのも難点。全ての部屋の戸を開けて、開放感のある暮らしがしたいと思ったのです」
 桐山さんの言葉通り、リビングや和室の建具を全て引き込むと、間仕切りなく一体化して大空間のワンルームに。リビングの吹き抜けがいっそうの開放感を生み出しています。

小上がりの和室は障子で仕切って客間として使用できます。

丸窓と笹がうまく調和し、
和の趣きのある外観。

温かみのある独特の木目の表情が魅力的な無垢材のフローリング。

縁側の庇へつながる勾配天井。

一枚の板のようにぴったりと高さを合わせた座卓とダイニングテーブル。いつでも簡単に設置できるのが魅了的です。

和室の座卓とつなげたダイニングテーブル
回遊できるキッチンは家事動線も便利

 和室の座卓とダイニングテーブルは、無垢ブラックウォールナット材。リビングのテーブルを和室の座卓の高さに合わせて造作し、フラットにつなげると大人数でも座れるようにひと工夫!ホームパーティには大活躍間違い無しの優れものです。「ブラックウォールナットを使いたいと思ったのも、『桧の香』で実物を見たからなのです」と桐山さん。
  キッチンにこだわったのは奥様。白タイルでお洒落に造作し、キッチン背面の収納は高さを抑えて圧迫感をなくしました。ぐるりと回遊できるキッチンは、洗面・浴室やトイレに行くのにも便利な動線。トイレ横の手洗いは、陶器の洗面器を使用したオリジナルです。
「新しい家で使いたい調度品を集めていたので、それらを素敵に飾れるよう、壁にニッチもつくってもらいました」と奥様。
  また、階段の踊り場にはカウンターを設け、パソコンコーナーに。「ここからリビングを見渡せるので、家族の気配を感じながらパソコン作業ができます」と桐山さん。将来、お子様が宿題をする場所としても活躍しそうです。

ひとつひとつの家具にもご主人こだわりの和が取り入れられています。 細部の小物が素敵な和空間を演出。陶器との組み合わせもマッチしています。

階段を上がると、家族の気配を感じることのできる、階段の踊り場のパソコンコーナー。

縁側に座ると広い庭が一望できる
眺めの良い2階には子供部屋を

庭に面した縁側も見どころ。建物に沿って「くの字」の形で長く伸ばし、屋内の勾配天井とつながるような形で深い軒が設けられています。
「天気の良い日に縁側に座ると、広い庭が一望できて気持ちいいですね」と桐山さん。

お庭のお手入れはご主人の楽しみの一つ。敷き詰められた小石は、純黒色の光沢が美しい那智石を使用。

和室の間仕切りを開け放つとリビングルームと一体化した広々とした空間が現れます。

明るい2階の子供室。将来は二部屋に間仕切る事もできます。 階段を登ってすぐの小さな休憩コーナー。

2階は子供室だけのシンプルな構成に。眺めがよく日当りも良好で、部屋の窓からは遠くに海が望めます。お子さんが伸びやかに遊べる広い子供部屋は、将来、収納家具などで2部屋にも仕切れる設計になっています。
 家づくりの感想をお伺いしたところ、「最初に対応していただいた藤井さんが親身で、家づくりの進め方について、資金計画からわかりやすくアドバイスしてもらえたのが心強かったですね。私の細かな要望を快く聞いて、何度でも間取りを描き変えてもらえたおかげで、細部まで思い通りになりました。注文住宅の良さを実感しています」と満面の笑みで語ってくださいました。


円山

敷地に沿う「くの字型」の個性的なプランを、気に入って下さった時から、何度もお打合せのお時間をいただきました。そしてたくさんのご提案を受け入れていただきましたこと、感謝致します。大胆な梁掛けや建具の納まりなど、私自身、たくさん学ばせていただいたお宅でもありました。素材への徹底的なこだわりが心地よく、これから長い時間をかけて、味わいを増す和のお住まいです。



藤井

桐山様とはじめてお会いしたのが昨年の2月ですから、もう2年になりますね。建築予定地が市街化調整区域だった事もあり、様々な手続きの調整役を務めさせて頂いた他、ローン手続きと税金のアドバイス位しかお役に立てませんでしたが、私たちチームによる家造りは楽しんで頂けましたでしょうか?桐山様のお考えになる家造りと新進建設のコンセプトが一致して、本当に素晴らしいお宅が完成し感無量です。
今後も確定申告等でお付き合いが続きますが、末長いお付き合いをお願いします。

小柳

桐山様、ご新築本当におめでとうございます。
昨年から一年以上のお付き合いをさせて頂き、赤ちゃんだったお子様がてくてく歩き、 かたことのおしゃべりをする成長と共にお打合せをさせて頂いた事をとても感慨深く感じています。
たくさんの自然素材にこだわり、少しずつお打合せを重ねて完成した桐山邸はご夫婦の思いがたくさん詰まった気持ちの良い空間になり、お引っ越しされてさらに桐山邸らしく住まわれていて嬉しい限りです。楽しくお打合せをさせて頂き、本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

氏居

桐山様邸は、3月に地鎮祭を行い、開発の造成工事を経て、建物本体工事が始まったのが、5月末でした。建物がくの字に曲がっていることから、基礎、大工など多くの業者が頭を捻り考えながら工事を進めて行きました。完成は、お客様のこだわりの無垢をふんだんに使用した建物が出来ました。無垢の暖かさや、珪藻土のやさしい雰囲気をぜひ楽しんで下さい。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。



秦野市/桐山様邸

2012年11月竣工

設計
円山
住宅ローン担当
藤井
インテリアコーディネート
小柳
施工監理
氏居