TOP > コミュニティ > オーナーズレポート vol.19

太陽光発電搭載!和モダンの省エネ住宅 歴史のある町にふさわしい「門構えの家」オーナーズレポート vol.19 大磯町/貝戸さんオーナーズレポート vol.19 太陽光発電搭載!和モダンの最新省エネ住宅
歴史ある町にふさわしい「門構えの家」 大磯町/貝戸さん

リニューアルした数寄屋門

昔の家は光熱費も手入れも大変、
間取りも今の暮らしに合わない

気品ある数寄屋門や和風庭園が大邸宅の風格を醸し出す貝戸邸。以前は伝統的な日本家屋で、両親とご祖父母様が長く暮らされていました。2012年の夏、貝戸さんは築30年を経たこの家を建て替えて、ご家族で移り住み、お母様と同居されました。
「古家は風格ある造りでしっかりしていたのですが、セントラルヒーティングで全室冷暖房していたので、灯油を相当使いました。しかも、昔の家で気密断熱性が低いため、冬は廊下に出るとゾクッと寒くて」と貝戸さん。
 広い庭は季節ごとに庭師を入れるなど維持管理が大変で、庭のために駐車場を外に借りているのも無駄なことでした。
「間取りも昔ながらの和室中心で、小さな子どもが3人いる私たち家族の暮らしに合いません。40代という自分の年齢を考えると、今がちょうどいいタイミングかなと感じ、思い切って建て替える決心をしたのです。母も大賛成してくれました」

門からのアプローチ。石畳は旧庭の名残

和風住宅ならではの気品と風格の漂う旧数寄屋門

大きな傾斜天井のある吹き抜けの大空間

自然素材に囲まれた明るく開放的なリビング空間

珪藻土の壁やカバザクラの床が
爽やかな吹き抜けのリビング

貝戸さんは新進建設で自宅を新築された勤務先の社長様にすすめられて、さっそく当社のモデルハウスを見学。
「南欧風の『ラ・ミア・カーサ』と総ひのき造りの『桧の香』を見学したのですが、私は『桧の香』の吹き抜けリビングが一目ですっかり気に入ってしまって、他社の住宅はもう目に入りませんでしたね」
 ご友人をたくさん招いて賑やかに過ごすのが好きな貝戸さん。お住まいづくりのテーマは、ずばり「人が大勢集まれる家」。その夢をスタイリッシュに叶えたのが、開放感あふれる広々リビングです。

「部屋数を犠牲にしても、オープンキッチンを備えた吹き抜けの広いリビングは絶対にほしいと思いました。ホームパーティーをしたとき、こんな開放的な空間があれば客人に喜ばれるだろうなと思って。もちろん、普段も伸び伸びとくつろげて気持ちいいですよ」
 珪藻土の塗り壁、樺桜の無垢フローリングが清々しいLDKは、桧の板張りにし吹き抜け天井の天窓からも陽光が差し込んで明るく爽やか。「昼間は照明が点いているのかと錯覚するほど」とお母様もお喜びです。

キッチンハウス社へ特注したキッチンとダイニング
シンク上部に収納の無いスッキリしたオープンキッチンが施主様のこだわり。

特注のオープンキッチンはホームパーティーにも大活躍

一方、奥様のお気に入りは、キッチンハウス社に特注であつらえた収納力もたっぷりのオープンキッチン。シンプルで美しいデザインがモダンなLDKに調和し、L字にレイアウトされたカウンターは使いやすさもバツグンです。
「キッチンの奥にはパントリー(食品庫)を設けてもらいました。キッチンをいつもすっきりときれいに保てるのは、ここに雑多なモノが全て置いておけるから。とても重宝しています」とにっこり。ホームパーティーではご主人もこのキッチンに立ち、料理に得意の腕を振るうそうです。
 また、浴室の広さにもこだわって、浴槽はゆったりと足を伸ばしてくつろげるサイズに。
「大きな窓から坪庭を眺めながら湯船に浸かっていると、心身が癒される思いです」
 さらに、昔の玄関ホールで使われていた和風の照明を再利用したり、味わいある部材を天窓の枠飾りに生かしたり、既存の数寄屋門を新しい庭にマッチさせるなど、愛着の深かった昔の家の思い出を大切に生かされているのも見どころです。

「オープンキッチンには大満足!」
と、片付け上手の奥様
廊下から望む坪庭 旧邸の庭を飾った灯籠、つくばいが置かれている。

玄関ホールへ続く廊下
天窓の飾り窓や照明は、旧邸よりの再利用。

黒御影石とモザイクタイルが美しい手洗いコーナーは、
インテリア担当・藤間のデザイン
旧邸の玄関ホールを照らしていた照明器具 キッチン脇で大活躍の大収納パントリー

スリムなピクチャウィンドウのある玄関は腰掛けを設えたバリアフリー設計

どんな相談をしても満足のいく
提案が返ってくるから安心だった

家づくりを振り返って、「細部の仕上げや色など、何を相談してもコーディネイターの藤間さんが満足のできる提案をしてくれるので、安心してすっかりお任せできました」と語る貝戸さん。
 今回で家づくりを経験したのは3度目になるお母様からはこんな感想も。
「以前の家づくりでは、大工さんの意見とこちらの希望を合わせるのが大変でしたが、今回は本当にスムーズにいきました。設計の田端さん、藤間さんや現場監督の古関さんをはじめ、みなさんに良くしていただいたおかげですね」
 省エネで夏も冬も快適に暮らせる桧造りのお住まいで、健やかに子育てをし、ときにご友人を集めて楽しい時間を過ごすなど、思い描いた理想の暮らしを謳歌されています。

大きなダイニングテーブルに集まった貝戸さんご家族


藤間

お建て替え前のお住まいを拝見した時に今後のことを考えると構造、機能面では確かに厳しいものがあるかと思いましたが佇まいは壊してはいけないと思いました。
お打合せのたびに貝戸様からのアイデアも含めてどんどん素敵になっていくのも仕上がりが楽しみでした。お手持ちの家具や調度品、新たにご用意された家具、今回ご協力いただいたキッチンハウスの造作キッチンや造作家具もお選びになるものがすっきりとまとまっていたと思います。
お打合せ中、お子様たちは仲良く遊んでいて見ているこちらも笑ってしまうほどでした。
いつまでも新進のことを覚えていてくれるといいなと思いました。

古関

お建替え前の貝戸様宅にお伺いした際に大変驚きました。細部にまでこだわったデザイン、納まりなど参考になる事ばかりでした。その中から新しいお宅に照明器具・建具を手直しし使用させていただき思い出も残すことができたかと思います。工事に入りましても貝戸様にはアイデア、ご提案などを頂戴しながら工事を進めてキッチン・TVボードなどが取り付けられた時には思わずガッツポーズでした。
ご家族皆様にご協力いただき誠にありがとうございました。


大磯町/貝戸様邸

2012年11月竣工

設計
田端
インテリアコーディネート
藤間
施工監理
古関

桧の香